9時から4時まで

可能なかぎりつまらないことを書くためのブログです

年パスが買えないわたし。

愛知県犬山市にある(野外)博物館、「明治村」と「リトルワールド」が好きなんです。

時間ができて、天気がいいと、ふらっと行ったりしちゃう。

で、半日くらいで帰ってくる……いちいち全部は見ないんです。見たいところだけ見て、食べたいものだけ食べて帰ってくるの。贅沢な散歩コースです。

 

今回は、明治村に行きました。

今年は「明治153年」です。

twitterfacebookに写真をあげました。ごらんくださったみなさん、ありがとうございます)

営業(開村?)していても、コロナの影響がいろんな形で出ていました。

「これは中止します」という案内があちこちに貼ってあるし(池の鯉やアヒルの餌やりも中止)素敵な建物の写真を撮っても、真ん中にどーんとアルコールスプレーが鎮座しているし。

 

f:id:gotomiwa:20200917053817j:plain

聖ザビエル天主堂。わたし、撮影下手だな。

 

実は春、空を見上げて、

「ふらっとリトルワールドに行きたいな」

と思った直後、コロナの影響が大きくなりまして。

気がつけば休園に。

 

緊急事態宣言が解除されたら、夏。

「野外」ですから、夏に行くのはつらいのです。

明治村は「山の中」なのでアップダウンがきついし、リトルワールドは高低差が少ない代わりに日陰も少ないの(事実上「夏は無理」だと思う)。

 

今回は「よし、出かけよう」となって、明治村のほうに行きました。

明治村で観たい展示があったのと、リトルワールドのグルメフェスが「肉肉しい」のに怖気づいて。

 

リトルワールドはひとりで行かないほうがいいんです、各国の料理をいろいろ食べたいときは。

複数で行ってシェアしないと。

(逆に明治村は「食」に関しては、さほど惹かれるものがなく。いつも「コロツケー」か「カレーぱん」、あるいは両方をはぐはぐ食べるだけです)

 

明治村ではいつものように教会を巡って(中で休んで)金魚絵師・深堀隆介氏の作品を見てきました。

この夏、期間限定の展示です。

goldfishing.info

わたしは詳しくなかったんだけど、ネットで作品を見たことはあったから、ご存じの方は多いのかも。

金魚がね、本当に水の中で泳いでいるみたいなの。

だけど、絵なんです。←説明になってなくて、すみません。

特殊な描き方なのね。

娘が見たがっていたけど仕事で(コロナだし)行けなかったので、代わりに(?)見てきました。

 

平日の昼間なら、電車もバスも展示された建物内も密にならないし(スーパーとかのほうがずっと密ってる)。

次回、時間ができたら、リトルワールドに行ってこようと思います。そのころのグルメフェアのテーマは何かしら。←食い意地

 

目下の悩み(?)は年パスが買えないこと。

どちらも年パスがあり(明治村の場合は「住民登録」と呼ぶ。これは一度ゲットしたことがあります。村長が小沢正一さんだったころです)「買った翌日からの一年間に3回以上行けば元が取れる」ということになっているのですが…。

(そう、買った当日は普通に入場しているのでノーカウントです)

 

両方合わせたら、年に3回くらいは行ってると思います(コロナ以前)。

どちらか一方だけ行くようにすれば、いいわけですが……

どちらも捨てがたいので、両方年パスを買って元を取ろうとすると、ふた月に一度は行かないと。

いやいや、夏は無理だから3か月に2回とか?

けっこうハードじゃない?

元は取れそうにないなぁ。

 

と、ここまで書いて、

「別に年パスじゃなくてもいいじゃん、行きたいときに行きたいほうに行けば」

そう気づきました。

元を取らなきゃ、なんて、追い立てられるように出かけるのは違うよね。

ぼーっと散歩しにいくのが楽しいんですから。

 

f:id:gotomiwa:20200916162439j:plain

升は本物。「水」は樹脂。金魚と花びらは「絵」(これは公式グッズを写したものです)

 

本日休業(店主都合により…みたいな)

「秋の気配」を感じたから、でもないのですが、youtubeオフコースを聞いています。

なつかしいな!

 

カレンダーを見ていたら、今日が最後のチャンスかもしれないと気づきました。

今日を逃すと、ひと月くらい、遊びにいく計画が立てにくい……って。

(いえ、しばらく計画できないだけで、遊べる日はきっと見つかるでしょうけど)

 

というわけで、今日は意識的に仕事を休み、出かけてきます。

せっかちなわたしのことなので一日じゅうのんびり……みたいなことはできないはず。

天気予報も昨日までと変わって、午後には傘マークがつくようになってしまいましたし、ね。

さすが、雨オンナ。

 

実質半日かもですが、ちゃんと「休む」「遊ぶ」ということを意識して過ごしたいと思います。

連絡が滞るかも。

ごめんなさい。

 

リハビリも兼ねています。

不要不急な外出はまだまだ避けたほうがいいのでしょうけれど、必要な外出もこの先いくつかありますから。

電車やバスに乗る体験(今の状況に対応しつつ行動できるように…)も大事じゃないかと思うのです。

マスクを何枚も用意して、アルコール除菌のグッズも持って(お弁当と水筒を持つような気分で)……出かけてみます。

 

このあと無事に出発できるように、家族のみんなたち、ご協力よろしく(^O^)/

来た?

映画を観ました。

「来る」

っていう映画を。

ホラー映画に分類されるの……かな?

 

ごくたまにホラー映画にトライするのですが、そのたび、

「わたしにとって『恐怖』とは?」

と、考えさせられます。

 

いきなり何か(血みどろのもの等)を画面にバーンッッッと出すとか、不穏な効果音が大音量で……って、そりゃ「びくっ」とか「ドキッ」とかはするけど、それは「恐怖」じゃないと思うのよ。

 あと、だらだら流れる血とか、ぞわぞわする虫とかも、「生理的嫌悪感」を抱くとしても「恐怖」ではないと思うの。

(わたしは「血」は怖くない。経産婦だし。←もはやその言葉も遠いが)

 

「来る」も、なんでかな、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!  ってならなかったな。

ホラー的な要素には。

「ここは笑うとこかな?」と迷うシーンもあったし。

わたしが鈍いだけなのかな。

 

「来る」という映画でわたしがいちばん恐かったのは、(怪しい何かの)見た目被害者的立場(←なんだ、この表現)である普通の男性でした。演じているのは妻夫木聡さんです。

「なぜか」とか「どのように」とかは書かずにおきますが。

彼を恐がるなんて、ホラー映画の鑑賞態度として正しくない(?)気もしますが。

「人間の仕業」のほうが、わたしには恐いです。

 

関係ない話。

観た日の夜、わたしの夢の中に岡田准一さんが「来た」。

ホラーじゃなかったこと以外、内容は覚えてないけど、スター独占(*^^)v

 

movies.yahoo.co.jp

甘酒は甘い。

「飲む点滴」とかいわれて、体にいいとされている甘酒ですが、これまで何度作っても、

「好きな甘さじゃない」

と感じてしまって、最終的には冷凍庫に放置したりしていました。ごめん。

 

「甘いものが苦手」というわけじゃないんです。←絶対にない

甘酒の味に、なかなかなじめないの。

 

同じ、米麹の食品でも「西京味噌」は愛用品(月に一度くらい作って、毎朝使っている)だし、「塩麹」の味付けは好きなんですから、不思議。

混ぜるものが違うだけなのにね。

 

「え、わたしのせいだっていうの? きーっ」

って、「ごはん」(甘酒はごはんと米麹で作っています)が目を三角にしそうだけど。

いや、ごはんはごはんとして、ちゃんと好きだよ、ラブなんだよ。

 

最近、食べる人が減って、1リットルのヨーグルトを作っても食べきれないので、わが家のヨーグルトメーカーはもっぱら「西京味噌用」になっていました。

でも、発酵食品はカラダにいいと聞くし……夏バテが胃に出がちな時期だし(わたしの場合)……というわけで、久しぶりの甘酒。

 

この、「嫌いなわけじゃないのに好きでもない」という微妙な関係はこれからも続きそうですが、何か混ぜると飲みやすいとも聞くし、お薬だと思ってしばらく飲もうかな。

 

甘酒は(ごはんではなく)さつまいもやカボチャなどでもできるそうなので、いずれトライするかも。

これからは、芋栗南京の季節でもありますね。

 

f:id:gotomiwa:20200913083449j:plain

できたては、ごはんと米麹のつぶつぶ。ブレンダーで滑らかにします。写真は薄めたもの。

 

2001年、東京への旅

2001年9月の日記を読み返していたら、なつかしくなったのでコピペ。

 

この月の日記を読み返したのは「9.11」のとき何を書いたかな? って思ったからです。

でも、ざっと読んでいたら、ほかの日の日記のほうがおもしろかった……

「うわ、青い!」

と思うようなことを書いている日もあったり(「青い」っていっても、当時すでにイヤになるほどオトナだったわけですが)。

 

以下、青くないけどなつかしいほうのコピペです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今日、勇気ある行動に出た。

「わたし、今月、仕事で上京してきます」

と、義母にいったのだ。

笑わないでください。

表彰式でもそうだったけど、この瞬間がいちばん勇気とエネルギーを使う。

娘たちがもう少し大きくなれば、それもなくなると思うけれど。

まだ、大人の家族の協力が不可欠…。

それに、今は「表彰される」わけじゃなく、ただただ自分のためだけに行くのだから、よけいに言い出しにくい。

もっとも、まだ日程が決まらないし、本当に行けるかどうかもわからないけど。

「何日?」

と聞かれたので、

「出版社の方のスケジュールにもよるから、まだ決まらないんですよ」(大うそ)

と、答えておく。

子供たちの予定、義母の予定も確認しないといけないし、主婦の営業出張って、なんか不便だ。しかたないかな。ちゃんと収入に結びつくわけじゃないし。とにかく「宣言」だけしたという感じ。

それに、自分で日程を組めるとなると、生理の重いときはいやだなぁとか考えてしまうし、朝中のゲラが来る日もはずさねばというのもある。生協も休もうかしらとか、いろいろ考えていくと、「行く日」がなくなりそうだ。


自分で自分(のスケジュール)を管理するって、たいへん。

普段、人(家族や自治体や学校)が作る「わたしの予定」にふりまわされて、それがちょっぴりいやなこともあるけれど、逆にそれが「楽」ってこともあるんだな。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2001年……「宇宙の旅」もたいへんそうだったけど、子どもを置いての主婦の旅も、それなりにたいへんだったわけです。

 

日記自体は過去のことだけど、今でも似たようなこと、考えてるなぁ。

誰か(何か)のせいにできるほうが楽……っていうか、自分でコントロールするって、案外しんどい……。

そんなわたしには絶対に、起業とか向かないよね。←その予定はない。

 

 (日記の中の「朝中のゲラ」というのは当時あった「朝日中学生ウィークリー」の連載小説のゲラです。週に一回載るからゲラも週一回だったのだと思います。FAXで届いていたころです。今ならPDFだよね、たぶん) 

 

うさぎ。

出かけた先のデパートで、ちょっと時間があったので、手ぬぐいを買いました。

 

「時間があったので」そして「手ぬぐいがなくなったので」……ですね。

家にあった手ぬぐいは、手提げ袋に縫っていた(それをほどいた)ものも含めて、みんな切り刻まれ、マスクになってしまったからです。

 

地の赤いものにしようと思い、その中からうさぎの柄を選びました。

なんでうさぎなのかな。

自分でも、わからないな。

でも、うさぎだと、けっこう気が楽。

LINEのスタンプも、うさぎのが気に入っていて(いろいろ買ったのに)そればかり使っているし。

 

TIGER&BUNNYクラスタだからかな? いや、バニーを愛でるのと「うさぎが好き」は違うだろ)

 

そもそも、わたしはうさぎが好きなのか?

子どものころ、病院の待合室でいつもミッフィーの絵本(当時の名は「うさこちゃん」)を読んでいたくらいだから、刷り込み的な何か…?

 

犬も猫も、自分のイメージに合わない気がして、こういうとき選択できない(どちらもLINEスタンプを持ってるけど、使用率でうさぎに負ける)。

だからといって、うさぎなら「合う」とは思ってないけど。

何なら合うんだろう……合うものなんかあるんだろうか……

 

蛙? はりねずみ? クラゲ? ステゴサウルス?

 

手ぬぐい購入以来、ぼんやりとそんなことを考えています。

f:id:gotomiwa:20200912062505j:plain

そういえば、うさぎの短編も書いたことがある。教材か何かに使われたことが……

 

やっとかめ、名駅

お出かけの日。

自転車で家を出て、最初の角で、早速アクシデントが。

 

「やーん、遅刻、ちこくー」

と、食パンをくわえて走ったわけではなく(そもそも遅刻していない)、ぶつかりそうになったのはデイサービスの車なんですが。

自転車のブレーキをかけ間違えて(たぶん前輪を一気にかけた)、転ぶのを避けるために角のブロック塀に手をつくことに。

 

この日は朝から、ドジばかり。

庭の敷石を踏み損ねて足をくじきかけたり。←二回も。←足元を見よ。

 

てのひらからちょっぴり流血しつつも、無事に名駅まで行くことができました。

名駅=めーえき=というのは名古屋駅とその一帯のことを指します)

 

電車で行ったのは7か月ぶり…じゃないかな?

乗り換え駅にホームドアができているのを見て、驚きのあまり家族に写メ。

気分は浦島太郎です。

(「やっとかめ」は「久しぶり」という意味。浦島だけど、亀とは無関係です)

 

f:id:gotomiwa:20200910201255j:plain

さて、何駅でしょう?(地元の方向け。ヒント満載)