9時から4時まで

夜9時に寝て朝4時に起きるgotomiwaが可能なかぎりつまらないことを書くためのブログです

指定席で帰る練習

今年最後(のはず!)の上京から帰りました。

ひとつ前の記事に書いたように今回はパンを食べず、21,000歩超え、15,000歩超えという二日間だったおかげか、体重も減らしてきました。よしよし。

 

でも、まだ大きな課題が残っています。

gotomiwa.hatenablog.com

この記事を書いてから2か月…。

たまに「座って帰る」をやってみているのですが、

「乗ってすぐは目がギンギン」→「名古屋駅が近づくと眠くなる」

このパターンが崩せません。

 

昨夜は指定席を取りました。

「乗ったらすぐに寝ておくのだ」と決めて、品川をあたりから20分、スマホのタイマーをセットし、握りしめ(やや大げさな表現)、目を閉じたのですが…。

全然眠くならないのです。

なんでだろ?

上りの新幹線では、三河安城あたりから浜松を過ぎるまで寝てることがよくあるのに(それどころか名古屋を出てすぐに寝ることもある、朝の9時ごろなのに)。

 

同じようにできれば、帰りも三島あたりまで寝て、すっきりした頭で名古屋まで…ってなるはずなのに。

 

20分がんばったけどダメだったので「ああ、今宵のわたしは眠くないんだ」と思い、その後はスマホをいじったりしていたのですが。

気がつくと意識が途切れてた…。

手の中のスマホが、変な表示になってたりして(怖い)。

 

景色が見えないから定かではないけれど、時間的には浜松を過ぎるころ?

そろそろ県境は越えているというあたりではもう、「起きていよう」と思うこともできないほど(起きていy……みたいな)。

「さっさと席を立て。最後の20分くらい、立っていればいいじゃん」

と自分にいいたいけれど、動けないほど眠いのです。

 

ちょっと待って。

これって、行きとか帰りとか朝か夜かではなく、

「愛知県(特に三河地方)は眠い」

ということなのでは!?

 

今、すごい発見をした気分。

 

この一年ほど、月に3回上京~♪ みたいな感じで(多いときは4回だったり、合計一週間東京にいたり)いろんな人に「東京に別宅を持て」といわれてきました。

(そんなお金はありません)

来年も、5月くらいまでは上京が複数回というのが続くかもしれません(っていうか、予定ではそうなってます)。

 

「東京に行く」と「愛知に帰る」はワンセット。

体調などに応じて、ときには座って帰れるように※引き続き練習したいと思います。

 

 ※ 立って帰るのがデフォルト

 

f:id:gotomiwa:20191208052647j:plain

日本橋口、サピアタワー1階のクリスマスツリー。