9時から4時まで

可能なかぎりつまらないことを書くためのブログです

30年ぶりのベッド……3月31日の決断

「天赦日」「一粒万倍日」「寅の日」が重なった3月31日、新しい財布を使いはじめました。

 

実はもうひとつ、この日ゆえにしたことがあります。

「決断」です。

大げさだけど……。

価格的問題ではなく「体積」の面で、わたしには大きな、勇気の要る買い物でした。

 

ベッドを買ったんです。

31日に。

届いたのは4月に入ってからですけど。

 

ベッドで寝る生活は、独身時代以来。

つまり、約30年ぶりです。

 

今の家に「お嫁」に来てから、パソコンデスクは新婚時代のキッチンカウンター……ってほど、わたしは「ありあわせの家具」で暮らしています。

添削の作業に使う机は夫のだったり、リモートのとき使う机は娘が残していったものだったり。

本棚は夫の兄が使っていたものとか、ご近所にいただいたものとか。

 

そのせいかな、30年近く暮らしている家なのに、未だに間借り人みたいな感覚しかありません。

住所的には「自分の家」だけど、入ったことがない場所も開けたことがない扉(物入れ)もあるくらい。

 

だけど、ある日、思いついてしまったのです。

「年を取ったら(体が衰えたら)寝るのはベッドでなくちゃ」

 

布団から「立ち上がる」って、案外むずかしいことです。

若い方には、実感しにくいかもしれないけど。

 

この先の安全安心を考えて、わたしもベッドに寝よう……と思ったのだけど、何しろ「気分は間借り人」ですから、かさばるものを買うのはためらっていました。

(ちなみに夫は独身時代からの自分のベッド、義母も亡き義父のベッドに寝ています)

 

それでも、3月31日に心変わり(?)しました。

「年を取ったらベッド」

これから若返ることは絶対にないんですからね。

 

どんなベッドを買ったのかはナイショにしておきますが、わたしにとっては理想的なものです。

安くて、シンプルで、頑丈。

これ以上年を取ったら無理かもだけど、今のわたしなら、ひとりで運べるんですよ。

(届いたときも、ひとりで2階にあげました)←がんばった!

 

ベッドに寝ようかな…と話していた娘に「買った」とLINEしたら、返信は「おめでとう」でした。

うん、この決断はめでたいね!