9時から4時まで

可能なかぎりつまらないことを書くためのブログです

アー写ではわからない/グランメゾン東京

わたしは普段、テレビを見ません。

特に主義主張があるわけではなくて、自分がいつもいる部屋にテレビがないから、自然とそうなりました。

それで、何年もテレビドラマも見ていなくて、その間にどんどん新しい人気俳優さんが増えていたわけですが…。

 

数年前、何のきっかけだか、ドラマを見るようになりました。

映画(邦画)は見ていたので、そこで知った俳優さんの出るものなどを。

ほとんどはパソコンで…いわゆる「見逃し配信」で見ます。

テレビのそばまで行くのが面倒なので、録画はしません(夫の録画予約とかち合うこともあるし。うちのは、一度に1番組しか撮れないので)。

 

……あ、話が長くなりそう。ここで巻きを入れよう、くるくる……

 

一度、1クールで4本のドラマを見ていたことがあって、時間を取られすぎて反省したので、今は2本に抑えています(ひとつも見ないクールもけっこうあります)。

今期は久しぶりに2本。

「グランメゾン東京」と「おっさんずラブin the sky」を。

今回は前者の話。

三ツ星を目指すフレンチの料理人の話ね。

 

わたし、キムタクが好きなんです。

すごいファンとか、詳しいとかじゃないけど。

(連続ドラマも、HERO=北川景子さんがレギュラーのほうと、参考資料にレンタルしたCHANGEしか見てないと思う)

彼のこと、わたしは「スターだ」と思っていて、今期はなんとなく彼のドラマが見たかったのです。

フランス料理に興味があるとかでも何でもなく、「キムタクだから」。

 

でも、迷った。

共演するほかの俳優さんをほとんど知らないし(顔がわかる、名前は知ってる程度)。

っていうか、番組PRに使われる写真(これもアー写と呼ぶのかしら?)を見ても、興味が湧かない感じで。

 

そのとき、思い出したのです。

おっさんずラブ」(昨年のドラマのほう)のことを。

わたし、田中圭さんも吉田鋼太郎さんもそれまで、存在さえ知らなかった(林遣都くんはかろうじて映画版「闇金ウシジマくん」で見たことがあった)。

なのに、何気なく第一話の配信を見たらハマった……というか、俳優さんたちがみんな素敵だと思ったのです。

(内容に感嘆するのは、そのあと)

 

それが知らない俳優さんの場合、おすまししたアー写からその魅力を「予想」することは、わたしにはできないんだね?

動いてるところ(実際のドラマ)を見たら、全然違う気持ちになるんじゃない?

 

というわけで、「グランメゾン東京」です。

やっぱりだよ。出演する俳優さんたちが素敵だよ。

っていうか、みんなかわいいよ。

鈴木京香さんってこんなにかわいかったのかとか、及川光博さんのかわいさはありえん! とか。

(「かわいい」しかいえない、この語彙力)

 

かわいさについて叫びだすとキリがないから省きますが。

なんていうか……「ほら、やっぱりアー写じゃわからないよ」ということを自分に確認した「グランメゾン東京」なのです。

 

まぁ、わたしの心なんぞやすやすと手玉にとれちゃうくらい、第一線の俳優さんたちの演技力(ご自身の魅力)がすごい、ってことなんでしょうけど。

www.tbs.co.jp

ストーリーはわかりやすいです。昭和っぽいです。

なんか、トウシューズに画鋲を入れそうな展開だ、と思っていたら、とあるシーンで本当に画鋲が使われて、笑ってしまいました。イカす!