9時から4時まで

可能なかぎりつまらないことを書くためのブログです

C→B(通知表の成績が上がった話、ではありません)

東京に来ました。
来ています。

蒸し暑さなら全国のどこにも負けないと思う名古屋近郊の住民ですが、東京も昨日はかなり蒸していて※、その中を移動したので、ぐったりです。一日の歩数は21000歩。


※わたしはよく「真冬のラーメン屋」と呼んでいるのですが、冷房の効いた場所から外に出るとメガネが白く曇るのが名古屋の蒸しっぷりです。昨夜は東京でもその現象が起こりました。


昨日の最終的な目的地(は、ホテルか。そのひとつ前の目的地は)代官山でした。
そのひとつ前に、渋谷駅の近くに立ち寄っておりまして、そこから東横線を目指したのです。
代官山駅は、渋谷駅から一駅、乗車時間2分程度の距離です。

でもね!
東横線、いつからあんなに深くなったん?(元・都民)
行けども行けども(下りども下りども)ホームに着かないの。

渋谷から直接、代官山に歩いたほうが早く着いたんじゃないかと思えるほどです。
この季節じゃなくて、ちゃんと土地鑑があったら、そうしたはず。
実際、地元なら(その程度の距離なら)歩いているもの。


東京のあちこち、あんなに深く線路を掘るって……実は日本人の祖先は蟻さんですかね(よく働くしね)。


ところで、タイトルの話。
月に2回くらい上京するわたしが、初めて遭遇したので。

混んでいるとわかっているときは必ず、通路際の席を予約します。
上りの東海道新幹線なら、座席はこんな感じ。

  名古屋↓【ED CBA】↑東京

だから、DかCを選びます。
席を立ちやすいし、通路側に体を傾けられるし、どうせ「寝るため」に乗るのだし(窓の外は見ない)。
昨日もC席を取っていて、名古屋駅で乗り込んだら、席にたどり着いた途端、隣のB席の男性に頼まれてしまったの。
後ろのB席に友だちがいるので、かわってもらえないかって。

別にいいか、と思ってうなずいたんだけど(即断即決のわたし)。
座ってみて気づいた(遅い)。
B席じゃん!
どうしてもどうしても座らないといけないとき以外、絶対に取らない「間に挟まった席」じゃん。

とりあえず「寝る態勢」に入りながら、「わたし、お人よしか?」と後悔したのでした。
いえ、断ったら、それはそれで気まずかったと思うので、いいんですけど。
とりあえず「わたしって親切だワ」と思うことにして(←ここらへん、人間が小さい)寝ました、小田原あたりまで。


実際、これが「作品」なら、このできごとを「親切」とは表現しないと思うんだけど。


それで、代官山。
目的地のお店が(ちゃんとルートを印刷していったにもかかわらず)よくわからなくて。
まちがったビルに入ってしまったのです。どう見てもお店なんかないので、「あれれ」と思っていたら、通りかかった管理人さんらしき男性が「ご用ですか?」と声をかけてくれて。
「レストランに行きたいのです」
と答えたら、手にしていたゴミ袋(?)をその場に放り出して(まじでロビーにドサッと)案内してくれたの…元の道まで。

えー、口で言ってくれればいいんだよ、袋、どうするの、と思いながらついていくわたし。
彼は「まちがう人、多いんですよ」といって、正しい場所を教えてくれたのでした。
なんて親切な!
ぼんやり者のわたしも、ちゃんとお礼をいえるくらい親切だった(お礼をいったことを記憶しているくらい、「ちゃんと」いえた)。

そのとき、「ああ、誰かに親切にした人(わたしですヨ)は、誰かに親切にしてもらえるんだ」なんて思ったのでした。
ま、わたしの場合、親切にしたというより「邪険にしなかった」程度のことですけども。
このできごとを作品化するときは、ふたつのエピソードを単純化して、きれいにシンクロさせないといけないよなぁ……とか考えているわたしは、創作バカであります。

ノートから。

ノートパソコンからブログの更新ができるようにしました。

 

今回の上京、もしかしてパソコンは要らないかも? と思っていたのですが、ちょっとでも原稿書き(というか「原稿直し」)をしないと間に合わないのではないか、ということに気づいてしまって。

 

あまり空き時間があるとも思えないけど、ノートに原稿を入れていき(昨夜デスクトップから移しました)、作業します。

 

なんだろ、この追い詰められ感……

 

昨日は、台所でシンクを磨き、ケトルを磨き、お風呂場ではシャンプースタンドのカビ取りもしました。

出張の直前ほど気になる(目につく)という…。

 

さらに、持っていく荷物(衣類ですね)も変更しました。

「シワにならない」のが何より、と思って。

では、これから荷造りします。

(恐怖の?)プンパーニッケル

プンパーニッケルという食べ物をご存じですか?

リンク先のような、ドイツのパンです(パンに見えないかもですが)。

犬山の「リトルワールド」に行ったとき、「なんだろ、これ?」と思って買ってきたプンパーニッケル。

ネットで見るレシピのようなおしゃれな食べ方はできなくて(面倒で。←ごめん)焼いてバターを塗って、みたいに食べていたのですが。

 

このお盆休みに娘と買い物に行って、普段は入らない食料品店でプンパーニッケルを見かけました。

「これ、前に食べたことある。リトルワールドに売ってた」

なんて話をチラッとして…。

だけど、それだけだったんです。

買ってもいないし、ネットで検索して「こういうのだよー」と見せてもいない。

 

休み明け、わたしのブラウザに……ネット上の広告に出てきました。

プンパーニッケルが。

びっくり。

 

正確にいえば、出てきたのはネットショップのサイトの広告で、扱っている商品のひとつとして、たまたま(?)プンパーニッケルが登場したんです。

 

参考資料のために普段見ないようなサイトを検索したりすると、しばらく関連する広告が出たりしますけど(ターゲティング、とかいうやつですね)。

まさに、そんなタイミング。

そう、あまりにタイミングが合っていた。

「リアル世界で娘に話したら、ブラウザに広告が出た」という感じだったので、ギョッとしたのでした。

 

(そんな恐ろしい世の中にはなっていないと信じたい)

 

この記事を書くためにプンパーニッケルを検索したので、しばらくその広告に出会うことになるでしょう。

そして、どこかのお店で出会ったら、今度は買ってしまうでしょう(もろ、ターゲットになってる)。

広告、怖い。

 

・・・

 

そのお店で見るまで忘れかけていたプンパーニッケルの広告が出たことに関して、帰宅後に娘が検索したのだろうか? とも考えました。

同じルーターを経由しているから? なんて。

 

もし、そういうこともあるとしたら。

わたしが検索したあやしいサイトや商品(参考資料です!)の広告が、夫のパソコンでも表示されるってことになりますよね?

まずい。

それはまずいわ。

 

・・・

 

涼しくなったら、また行こう。

www.littleworld.jp

直感に従う

若いころからそうだったけど。

わたしは、直感で決めたものはうまくいく、と感じています。

基本、即断即決派です。

(いいかえれば「選んでカスをつかむ」タイプなのか?)

 

統計をとったわけじゃないし追跡調査も甘いから、「うまくいきます」と断言はできない。

でも、はっきりとそう感じています。

 

そんなわけで。

「GOサインが出たら何か月も苦しむ」とわかっていることを即決してしまった…。

 

YESとうなずいたからには、GOであってほしいな。

苦しんでもいいや、わたし、マゾだから。

 

ちなみに、ひとつ前の記事で悩んでいた「旅の荷物はどうするか問題」は、

「宅配便の袋で持っていって、ホテルから送りだす」

が有力です(これは即決できてない)。

ただでさえ「ホテル不眠」なわたし。

最終日は「やっと起きて、どうにか新幹線に乗る」だと予想しているので、荷物は少ない方が安全じゃないかと…。

先月、うっかり階段を踏み外しているからねぇ。

 

万一の場合の治療費>宅配便送料

と、考えています。

上京の悩みを整理する

今週上京する予定です。

用事は金曜から。

終わるのは日曜の夜(いつもなら寝てる時間)の予定。

もう新幹線に乗れないと思うので、泊まって翌朝、名古屋に帰ることにしています。

 

つまり、3泊。

 

連泊のときは室内に洗濯乾燥機があるホテルを選ぶことが多いけど、今回は安さにつられて(ほとんど寝に帰るだけだし)洗濯・乾燥には不自由しそうなホテルです。

さて、着替えはどのくらい要るでしょうか?

 

という、クイズではなく。

 

先日の上京で、大きな紙袋におみやげか何かを詰めていた年配のご婦人を見て、

「あ、これもありか!」

と思ったんです。

わたし、最終日を身軽に動くため、チェックアウト時にホテルから「その日不要なもの(洗濯ものとかおみやげとか)」を宅配便で送り返すことが多いので。

 

「着替え類はみんな宅配便に使える紙袋に入れて、ホテルに運ぶ。帰りはそのまま封をして家に送る」

この案、どうよ?

 

3泊分の荷物なら、それが入る旅行鞄(やキャリー)より、紙袋のほうが軽いし。

(宅配便用だから袋自体は頑丈です。パソコンその他はリュックで背負い、常に携帯します)

 

見栄えは悪いよ。

わたしはすっぴんで普段着だからショッピングバッグレディーに見えそうだよ、別にいいけど。

(前述の女性は、きちんとメイクもしていてお洒落だった)

 

でも、「楽ちんがいちばん」なのですよね。

それなのに何を悩んでいるかというと、

1・出発日、雨かもしれない予報(雨はカバーできても、袋を手に提げて駅まで歩くのはしんどい。肩凝り→頭痛の最短ルート)

2・帰宅日、「起きたら家に帰るだけ」なんだから、手に持てばいい=宅配便を使用しなくていい気がする(リュックだけ、手ぶらで移動できると楽だし安全なんだけどなー)

 

いやはや。

思いっきりどうでもいい悩みですね。

このブログの趣旨、ど真ん中だと思います。

ごめんなさい。

 

今、これを書いていて、ちょっと笑いました。

わたしは添削講師ですが、講評の書き方とこの記事、なんか似ているの。

「引っかかり」の整理の仕方(説明の仕方)というのかな? 見た目が似ているんです。

わたしの講評には、よく、1、2、3とか、A、B、Cが出てくるんですよ。

 

ちなみに。

3泊分の着替えは前もってホテルに送っておく、という方法も考えられます。そうすれば、行きから身軽(リュックのみ)です。

そのぶん、服に深いたたみジワがつくけどね。

万一荷物が行方不明になったら、とてつもなく困るしね(ホテルの前にショッピングセンターがあるから、どうにかなるかなー?)。

 

もはや、悩むのを楽しんでいる……

ラーメンとの再会

少し前のブログに書いたように、わたしは小麦粉との相性がよくないらしく。

特に麺とパンは、できるだけ避けております。

 

お盆前後は娘1と娘2が入れ替わりで家に来ておりまして、ペーパードライバーなわたしはそれぞれにあちこち連れていってもらう…というか、彼女らの用事に便乗してついていく日々だったのでした。

 

出かければ、外食が増え、ラーメンとかピザとかフライドチキンとか、いろいろいただきました。

 

で、そのラーメン。

むっちゃ久しぶり。

久しぶり過ぎて、「とうとう再会したわ!」という気分になり、ついつい写真を撮ってしまいました。

通り道にあった、ごく一般的なチェーン店のラーメンなのですが。

 

感涙に咽ぶかと思ったけど、わりと淡々と、普通においしくいただきました(俗にいう淡々麺…)←嘘。

 

それに、体調にも体重にも特に変化がなくて、ホッとしています。

もしかして、そんなに避けなくてもいいのかも? なんて、自分に都合よく考えていますけど、塩分や脂肪分を考えたら「年に一度のお楽しみ」くらいでいいのかもしれません。

 

今日から通常運転。

お弁当を作り(そういえばブログに書いてないけど、今年に入ってからお弁当派です)、朝の家事をし、この記事を書き、たぶん仕事の前にだらんと座り込んでゲームすると思います。

(通常すぎる…)

f:id:gotomiwa:20190819081756j:plain

構図がイマイチ!

 

8か月目

何度か書いているように、このブログの開設日は今年の1月18日です。

だから今日は、8か月目のはじめの日。

 

何の目的もなく、ただ「サイトもなくなるし、頭の中身を出したいし」みたいな気持ちで。

「そのうちやってみよう」だったのが。

その朝「9時から4時まで」というタイトルをひらめいて、飛び起きて…。

 

ブログのおかげで人生変わりました! とまではいえないけれど。

実際(開設後に)変わったこともいくつかあって。

何か関係があるのかなぁ、気づけないだけで。

なんて、思っています。

 

夏休みは「(ある意味)家族サービスデー」だったり、仕事場所を探してウロウロしたり(在宅人数が増えて机が全部「使用中」のことがある)、なかなか自由がききません。

それで「追い詰められ気味になる」のがいいのか、今日は早朝からがっつり仕事してたりして(朝は机も空いているし、比較的涼しいし)。

8月31日の磯野カツオくん、みたいな集中力を発揮(あくまでも当社比)しております。

これからの平日、この勢いで仕事ができたら……と思うけど、できないんだろうな。

とほほ……

 

それはともかく、今後ともこのささやかなブログをよろしくお願いいたします。