9時から4時まで

夜9時に寝て朝4時に起きるgotomiwaが可能なかぎりつまらないことを書くためのブログです

夏のパラダイムシフト

6月なのにすでに暑さに飽き飽きしているgotomiwaです。

 

いつもなら夕食のしたく~夕食をしているはずの時間に、読書会があります。

そういう時間に理事会が入ることもあります。

 

そんなとき、わたしは昼間のうちに夕食のしたくをするわけです。

さすがに「揚げたてが命」みたいな料理は無理ですし、家族が簡単に温め直せるもの、あるいは冷蔵庫から出してそのまま食せるものを選びます。

冬ならカレー、シチュー、ポトフ、おでんなどに頼ります。

夏はサラダ・マリネ系から、煮びたし・揚げびたし、焼き豚・煮豚類など。

 

で、今朝もそんな感じで準備をしていて、思ったのです。

夏のあいだは、基本、これでいいんじゃない?

 

つまり、早朝のうちに夕食の下ごしらえをしてしまうのです。

料理によっては、完成させてもいい。

「作り置き」っていうのがあるんだから、半日後に食べても「全然オッケー」な料理は多いであろう。

あとは、焼きたて・揚げたてじゃないとダメなものだけ、夕方、作るのです。

 

近頃じゃ、早起きしてもネットしかしてないし。

(ごくたまに、仕事しています。前日の積み残しとか)

夕方の台所作業が減れば、その時間を「買い出し」にあてられるし。

(おつとめ品とかゲットできるかも?)

 

わたしが夕方5時に夕食作りをはじめるのは、今の家に越してきてから30年続く習慣で、月に数回、それができないときに変えるだけでした。

(存命だった義父が6時過ぎるとソワソワと台所をのぞいたりするので、6時には夕食ができていると、わたしも気が楽だった……今でもそんな感じなのです)

 

出かけている日でさえ、午後5時になると「気になる」ほど身についた……いえ、精神に根づいた習慣なのでした(大げさ?)。

 

でも、そろそろ真剣に変えるべきでは?

これだけ夏が暑いんだから。

何もかもを早朝にすませなくても、朝、野菜を刻んでおいて、昼間ホットクックでスープにして、夜に食べる、とかでもいいんだしね。

 

うちの台所、エアコンがないんだから。

(建てたときにはあったんですが、あまりにも使わないので撤去されたの)

 

・・・

 

わたし、この何年も、夏になると肘の内側の「あせも」に痛い思いをしているんですが、発症するのは多くが夕食時なんです。

食事をする動作って、どうしても肘を曲げる(皮膚が密着する)し、何しろ食事中だから汗もかきやすい(食事誘発性熱産生?)。

 

そもそも、直前までの約一時間、流しやコンロの前で立ち働いていて(ときにはコンロの熱気を浴びて)そのあとに食卓につくのですから、「長距離走のあと汗が噴き出す」に似た状態なのかも。そこまで激しくないとしても。

 

夕食前に夕食を作らないのは、あせも対策にもなるんじゃないかなぁ。

これは、やってみる価値がありそうです。

マジで痛いんだもの、あれ。

ブタさんを洗ってみた

もう四半世紀前に買った、ぬいぐるみのブタさんです。

 

たぶんフェリシモで。

ほかの動物もいる、シリーズものだった気がします。

 

わたしの手元にはブタさんだけがいて、本当に長いこと「置きっぱなし」でした。

はじめは、もっとピンクがかっていたかもしれません。

そりゃあ、容色も衰えますわよね。

 

また飾ってあげようと、思い切って梅雨の晴れ間に洗ってみました。

おなかの中まで乾くか心配だったのですが、どっしり座る仕様なので、中身はビーズ的なものなのかも。

わりと順調に乾いて、軽くなってくれました。

 

経年劣化的に消えないシミもありますが、模様だと思うことにしましょう。

記念に写真を撮りました。

 

これは「わたしの」なんですが、お人形遊びに目覚めたわけではありません。

単なる気分転換です、本当よ。

 

だけど……次女の(きっと彼女がいつか使うつもりの)シルバニアファミリーも残っているので、時間ができたら遊んでみようかな、などと思っております。

今は「棚」代わりになっているけど、シルバニアの「おうち」も二軒あるのです。

 

お人形遊びではないのに、シルバニアのウサギのお母さんがパソコンのそばにいた時期がありました。

「カプリの恋占い」というシリーズを書いていたころです。

カプリは、いわば「こびとさん」。

「このくらいの大きさだな」と思ったので、サイズ感を意識するためにシルバニアのお人形を置いていたのでした。

なつかしいなぁ。

クタッと座って、鼻が天井を向く仕様。

zoom&Discord練習会

日本児童文学者協会では何年か、情報ネットワーク部の部員をしていた。

最後の数年は、部長でさえあった。

おはずかしい肩書きである……しくしく。

 

名前からして、インターネット関係の何かに詳しいヒトと思われそうですが、そんなことはないんです。

慣れているように見えるなら……ワープロでの(のちに夫のパソコンでの)パソコン通信からはじめて四半世紀使っているので「苦手意識が低い」というだけのこと。

(当時は電話線をつなぎ替えて使っていたなぁ)

 

テレビをずっと見てきた昭和の子だけど、テレビの受像システムは説明できないし(かつて学校で習ったことはもう古い)修理もできない、まぁ、そんな感じのことがネット関係にも言えるわけです。

 

今、Discordを覚えたいと思っていて、日々のぞきにいったりしています。

zoomは、自分がミーティングを設定する程度には使えるけど、録画をちゃんとしたことはないし、何人かずつに分ける方法(の名称さえ忘れている)も試したことがない……

まだまだ、身につけたいことがあります。

 

このたび、zoomとDiscordの練習会に参加して、いろいろとわかりました。

いえ、自分が「何をわかっていないか」が。

 

前者に関しては、zoom初心者さんに使い方を説明する際のポイントはどこか、ということがとても参考になり。

後者については、しょっちゅうのぞいているわりに「わかってなかったこと」がてんこ盛り、ということが判明し。

 

わたし、まだまだ初心者だったー(^^ゞ

なるほどなるほど、とメモを取りながらの練習会だったのでした。

 

日本児童文学者協会でも言われていることですが、コロナのために「しかたなく」使うようになったリモートのツール……これは今後、手放すことができません。

地方在住(海外)の方、高齢の方、その他の事情のある方が、zoom等々があることで「参加」できるようになった……この利点を捨てることはもうできないと思います。

 

ならば、先に使いはじめた人は、これから使う人のお手伝いをする必要もある…。

いえ、ある程度は各自で努力していただくしかないし、わたしも努力中です。

(「ぎゃ~~わからん~~元の場所に戻れん~~~」などといいながらDiscord内をうろうろしています……はい)

力を借りられるときには借りて、貸せるときには貸して、お互い、使いたいときに使えるようになっておけるって、いいことだと思うのです。

 

ひきつづき、がんばりましょう。

zoomによる、お茶会、納涼会、添削などなど、またやってみようかな。

機会があれば、おつきあいくださいませ。

Wi-Fiレンタル

数年前、雨降りの夕方に付近一帯が停電したことがある。

カラスの営巣が原因だった。

充電さえあればスマホは使えるので、電力会社の情報を確かめることができた。

 

先日、オンラインイベントに参加させていただいた。

参加……というか、講義的なものをする側であった。

gotomiwa抜きでは成立しないイベント、ともいえる。

(内容についてはブログの趣旨の「つまらないこと」に反するし、視聴してくださった方々のものだから割愛します)

 

当日に向けて、最も心配していたのは「停電」である(←内容について心配しろ)。

 

普段も、重要な会議などのためには予備機(surface)の準備をしている。

そのくらい(大事な用に関しては)心配性のgotomiwaである。

今回も、何より怖かったのは「停電」してしまうことだった(←だから、内容について心配しろ)。

 

充電池がないも同然のsurfaceはともかく、ノートパソコンなら停電してもとりあえず充電は持つであろう(これまで、電源ケーブルをはずした状態で使ったことはないけれど)。

 

でも、Wi-Fiは?

停電したら、ルーターもダメになっちゃうんだよね?

 

おりしも梅雨である。

梅雨のイメージは、昔は「しとしと」だった気がするが、今は「たまにゲリラ豪雨」みたいな感じに変わっている。

暴風雨とかになったら、どうしよう。

もしものとき、スマホ(4G)でウェビナーってできるんだろうか?

 

あまりに心配しすぎて、いっそ上京しようかと思ったほどだ。

司会をしてくださる方の「隣」で話せたら、などと。

 

でも、それはまぁ、現実的ではない。

(一応ホテルとかは調べた。新幹線があればその日のうちに帰れるかな、とか)

 

こんな感じで、だらだらと心配する日々を送っていたのだが(←それより内容について…)ふと思いついてしまったのだ。

停電に備えて、いわゆる「ポケットWi-Fi」を用意すればええんちゃう?

 

これまで、わたしの生活にはまるで必要がなかったため、それがどういうものなのかもわかっていなかった。

(海外に行く娘が空港でそんな感じの機械を借りていたので、「そういうときに使うもの」くらいの認識だった)

 

で、ググってみたらレンタルのWi-Fiがいっぱいヒットして、国内でも普通に利用機会があるのだとわかった(たとえば、引っ越し時のつなぎとかに)。

 

どこのどれを借りればいい…なんてことは判断できないので、適当に選んだショップ(?)から、一週間レンタルしてみた。

「保険」である。

 

郵便受けに届き、充電し、使い方を調べて……。

無事に、ネットができることも確認した。

 

当日、雷注意報が出ていた。

幸いにも雷は鳴らず、落ちもせず、停電もなく、機械の面では何も問題なくイベントを終えることができた。

(内容には問題があったかもしれないです。すみません…)

 

翌日。

結局使ってない、ほぼ満充電のままのWi-Fiを郵送で返却したgotomiwaであった……(完)

 

と、ここまで読んで、あきれている方もあると思うなぁ。

「そんなアクシデント、そうそうあるわけないじゃん」とか。

いや、あるんですよ。

大事なリモートインタビューのときに限って、なぜかうまくzoomできないとかね。

出張時にいきなり、天気予報に反して雨が降るとかね(一度や二度ではない)。

「あるわけない」と考えるほうが、わたしにとっては不自然なのです。

 

でも、「ただ心配しているだけ」の自分にも軽く苛立っていたので。

レンタルを思いつけたこと、実際に準備したことは、自分GJ! と思っているのでした。

トウモロコシごはんLOVE

気がつけば……今年は一度しか豆ごはんを炊くことができませんでした。

炊くなら、さや付きの新鮮なグリーンピースを買いたいから……。

 

これはたぶん、タイミングの問題。

旬の時期に農協(直売所)に行けなかったせいですね、ほとんど出会えなかったのです。

 

あら、残念……と思っているうちに、トウモロコシの季節が来ました。

豆ごはんのリベンジ……というわけではないですが、早速炊きました。

味付けはお塩だけの、シンプルなトウモロコシごはんです。

わたしでもおいしく作れます。

コツと呼べるものがあるとしたら、農協等で新鮮なトウモロコシを買ってくること、でしょうか。

 

今度は旬を逃さず、あと数回は炊きたいです。

湯気の立つものを写すのって、案外むずかしい……

メーリングリストに大混乱中

とあるイベントの「末端」の「端くれ」に関わらせていただいているので、その関係のメーリングリストにも加わっていて、日々メールがどかどか(個人の感想です)届きます。

 

そのために、大混乱中。

 

そもそもメーリングリストにあまり慣れていないので、感覚的なものがつかめていないのでは……?

と思っていたのですが、それだけじゃないかも。

 

これまでに使ったメーリングリストは……メンバーが「知ってる人ばかり」だった。

今回は、知ってる人が3人しかいない。

ほとんどの人がアルファベット表記ゆえ、差出人のお名前の「解読(大げさ)」からはじめないといけない……漢字表記なら一瞬なのに。

(何度も見ているお名前は見ればパッとわかるので、「慣れ」の問題と思われる)

 

そして、話の内容がわからない……(注:日本語です)。

 

おまけに、メーリングリストがダブっている……うまくたとえられないけど、家族のグループLINEと、長女との1対1のトークがまぜこぜに届いて、そのうちの話題の一部が共通、みたいな。

家族の話題なら、まぜこぜでもどうにかなるけど、把握できない話題がまぜこぜになっているので、ますます混乱するのです。

 

とにかく……この夏(一学期中に?)お名前だけでも覚えたいです。

Discordの使い方を覚える以前の問題なのではないか、という大問題なのです。

 

ほんと、やばい(昭和の用法)んです(泣)←泣いたってダメ!

支払明細書

出版社から身に覚えのない(わたしの予定にはない)郵便が届いて、封を切るときドキドキしました。

 

なんとなく……根拠はないけど……

「あなたとの関係はこれで終わらせていただきます」

みたいな通知が現れるような気がして。

 

予感は、大はずれ。

電子書籍の……こういうのは「印税」とはいわないのだったかな、「使用料」?

それをお支払いしますよ、という明細書でした。

 

「縁が切れるかも」というびくびくから一転、

「紙の本はもうないのに、電子書籍になったおかげで今でもどこかで誰かが読んでくれている(びっくりマーク大量すぎるので省略)」

とわかって、うれしかったです。

 

翻って考えて。

その本を作るとき(原稿を書くとき)10年以上先にも読まれることまで考えていただろうか、なんて反省したり。

 

10年以上ってことは、いま読んでくれている子が生まれる前だったりするかもしれないわけですね……

それは、すごいことだなと思います。←ボキャブラリー貧困ですみません。

当時読んでくれていた子は、もう大人なんですよ!

わたしが老女になるのも無理はありませんね。

 

細々とでも作品が長生きして、親子二代で読んでくれたらいいなぁなんて、夢を見ている老女です。