9時から4時まで

可能なかぎりつまらないことを書くためのブログです

1990年から見た未来

年末、「まだ寝るにはちょっと早い」と思ったので、映画を観ることにしました。

でも2時間以上起きているのも、と思い、途中でやめられるように「観たことある映画」にしようと選んだのが「トータル・リコール」です。

 

シュワルツェネッガーが、若い!

シャロン・ストーンも若い)

 

調べたら、1990年の映画だそうです。

30年前だ。

 

レンタルビデオの時代に数回見ているのですが、忘れていた部分も多く、「そうそう、こんなだったねぇ」と懐かしみつつ、違和感が…。

 

「電話が固定だわっ」

 

火星に植民地ができたり、もっと遠い惑星まで旅行できたりする「未来」が舞台なのに、みんな携帯電話を持ってないのです(普通の通信機みたいなものは出てきた気がする)。

その固定電話が「テレビ電話」であることが、当時としては充分「未来的」だったんですよね。

 

一般人がひとりひとり通信装置を持ち歩いている未来。

さらにはその装置を使えば、コンビニでお茶も買えちゃう未来。

 

お正月に「ペイペイ」の話をしたら、アクセントの置き方が違う、と若者たちに笑われたわたしは、

「すごい未来が来てるわよ」

と、改めて思うのでした。

 

リンクしたのは予告編。

車内の映像広告も現代のほうがずっとスマートですよね。

ナレーションの「自分探し(の大冒険)」って言葉の意味も、ちょっと違うと思うわ…(マジで「自分探し」の映画ではあるけど)…

www.youtube.com