9時から4時まで

可能なかぎりつまらないことを書くためのブログです

記録もない、記憶もない

先日……創作教室の日に、「これまでに何作くらい書いたのか」と聞かれました。

これ、本当にわからないんですよ、答えが。

まぁ、子どものころに書いた童話もどき、SF小説のつもりの何か、などは抜いて、初めて「コバルト」に応募した22歳のときから数えても……まったく。

(高校時代は「コバルトに応募するする詐欺」だったので、実際に応募したのは成人後)

 

数の話題はこれまでもしているはず。

この質問、たまにいただくし。

これからもいただくかもしれないので、ザッと「わからない」っぷりを書いてみます。

(「結末まで書いていないもの」「誰にも見せていないもの」は含みません)

 

マチュア時代。

知ってる人だけが知っている、わたしの原点ともいえるシリーズが92話までリリース済みだし(93も書いてはある)。

もう一方のシリーズも、本編だけで20を超えたし(これは超えると思ってなかった…読んでくださるみなさんのおかげです、心から感謝しています)。

 

「コバルト」への応募作も、2つや3つではないし(年間2回募集があった。短編賞も毎号あった)。

「スニーカー」への応募作(短編)も、2つや3つではないし(テレカ、もらいました)。

「小説あすか」「小説Wings」などにも、少なくとも一作は応募しているはず。

 

童話・児童文学は、デビューが決まったころの(直前の)2年だけで、60くらい応募していて、わたしの場合「落選作の再応募」は少なめだと思うので(応募要項を見てから書く=見るとアイデアが降ってくる=ことが多かったから)実際に書いた数もそれに近いはず。

 

デビュー後に関しては、さらに不明。

「ボツ」を数えるとどうなるのか。←いっぱいある!

のちに出版されたとして、「ガラッと書き換えた」(それ以前の)初稿や改稿版は数えるのか。

「ぼく、探偵じゃありません」シリーズ(学研)みたいに、本としては3巻だけど、1巻に5編くらい入っている場合は?

(ちなみにこのシリーズは、活字になったのと同じくらいの数のボツが出ています)

逆に「ボーイズ・イン・ブラック」のように4巻でひとつの長編の場合は「1作」?

 

単著なら「本の数」自体はわかりやすいですが、短編が収録されたアンソロジーはもう、いくつ参加したか記憶がない(自分では記録もしていない)のです。

あ、今3年目の某誌の短編は、先日31作目にOKをいただいたところです。

短編以前も、何度も童話をご依頼いただいているし…。

(余談ですが、「お味噌汁になりたいな」という、潮干狩りのアサリが主人公の童話は、わたしの作品の中ではトップクラスの「迷作」だと思う)

 

最近のわたしは、わりと記録好き。

今ならもっと記録が残るのになぁ…そしてその「数」を見て楽しむ(ほくそえむ?)のになぁ。

書いた数しか自慢(?)できないのも、どうかと思いますが。