9時から4時まで

可能なかぎりつまらないことを書くためのブログです

応募要項スイッチ

昨日は創作教室だったので、そういう話(どういう話?)を書きます。

 

マチュア時代(それはわたしの場合、イコール「公募マニア時代」)、当時の作家さん方のアドバイスに、こういうのがありました。

「作品を書き上げたら、それに合った応募先を探しましょう」

 

今、講師として、わたしも同じようなことをいう場合がある……まぁ、「そこに作品があるから(合評主体の講座ゆえに)」合う応募先を探しましょう、というわけですが。

 

でも、自分自身を顧みると、圧倒的に「そのコンクールに出すために書く」だった…。

だって、募集記事(応募要項)を見ると「おはなし」ができちゃうんだもん。←「もん」とかいうな。

 

梅干しを見ると唾液が出る、的に。

即座に。

 

よく、アイデアが「降ってくる」という表現が、使われますよね。

イデアをストックしておく「引き出し」が頭の中にある、みたいな表現をされる作家さんもあります。

わたしにもそれに似たものがあるらしく、要項を見ると、勝手に引き出しのひとつがポンと飛び出てくる(そうだ、あのことを書こうと思いつく)わけです。

 

(「要項が頭に入ってるから、その日、目にしたものが『あ、応募用のネタになる』と気づく」、そんな場合もあります)

 

降ってきたり、目についたり。

そのときどき(作品によって)違いはあれど、「募集要項を読む」ことが引き金になるのに変わりはなくて。

そして、そういうのは公募マニアだから起こる現象だと、なんとなく思っていたのです。

 

今は、要項自体を読むことはなくて。

(こういう公募があるんだな、という確認をする程度)

すっかり「過去の機能」みたいに思っていたのですが。

 

先日、創作講座の準備のためにそのような確認作業をしていたら、要項を読んでしまいまして(というのも変か)。

その途端、「あ、書きたい」となりまして。

この場合は、隅っこのほうの引き出しがひとつ、ポンと飛び出てきた感じで。

(前から考え、興味があったことのひとつ、というわけです)

 

そこからパーッと、見たことない情景が広がっていく…。

わたしは、それを眺めている(脳内で)…。←イマココ

 

実際に書くかどうか、書けるかどうかはわかりません。

ただ、

「スイッチ、生きてたわ」

と、驚くような、喜ぶような。

そんな気持ちでいます。

 

もしかしたら。

公募時代に培った能力(が生きてた)というより、もとからある性癖(?)なのかもしれません。

ま、能力と呼んでも性癖と呼んでもいいけど、世の中の役にまったく立たない、という点が、とてもわたしらしいです。