9時から4時まで

夜9時に寝て朝4時に起きるgotomiwaが可能なかぎりつまらないことを書くためのブログです

おせっかい

シナリオライターになりたかった!

……そんな過去がありました。 専門学校でも脚本コースに進むつもりだったのに……迷いの多い子だったので(いま思うと笑えるけど)美術制作コースに行ってしまった……のはどうでもいいとして。 今でも……小説を書くときでも、わたしはセリフを書くのがいちばん好…

そして、神戸(脳内BGM)

いえ、神戸が目的地ではなかったんですが。 ちょっと行ってきました。 神戸らしい写真を真っ先あげるべきかも……でも、今回はこれで。 正面から写したせいか、ビルじゃなくて板みたい……? 神戸は3回目くらい……かな? 初めて神戸観光らしきことをしたのは、フ…

デビューするには?

短時間睡眠が続いているgotomiwaです。 ちょっと前は7時間眠れる日が続いたので、10日間くらいを平均すれば「6時間程度眠る人といえる」かもしれません。←意味ある? 日々、粛々と(?)添削講師をしております。 現在進行形の受講生さんはもちろん、これま…

書きたいものを書けばいい(マジで?)

アイデアのメモはずいぶん前から作っていたのに、清書が……その作品のファイルを作るのが遅れに遅れていた童話。 「そろそろ動かないと、わたしは自己嫌悪で命を縮める」 とわかっているので、朝起きて、いちばんに(ネット上を徘徊したりもせずに)実行しま…

自分でも意味不明な2002年8月10日の日記……

古い日記を調べていて、20年前の今日の日記にこんな記述を見つけました。 ***** 「元気」の印税の通知。 単価が安めで、執筆者も多いので、金額としては「ミステリー」の半分くらい、という感じ。少なめだと思っていたけど、こんなに少ないのか、と驚いて…

午前2時のキャッチ&リリース

受講生の方から「アイデアが出ないとき、どうすれば?」みたいなご質問をいただく際の、わたしの定番の回答のひとつは、これです。 「とことん考え、考えて考えて、考え抜いてから、一度忘れてください」 忘れたら、その空白地帯に向けて、アイデアは降って…

「おせっかい」タグをつけるたびに

ゆるゆる~っと、はずかしい気持ちが湧いてきます。 「おせっかい」というカテゴリーは、児童文学を書くことに興味がある方(コンクールに応募したりしている方)の参考になればいいなぁと思うことを書いたときにつけています。 いつごろつけだしたのか、ち…

きれいな原稿をください

いろんな場でしょっちゅう言っているから、「それ、gotomiwaから聞いた」という方もあることでしょう。 「原稿はきれいに仕上げてね」 記号の使い方を標準的なものにして、段落の分け方に(ご自身なりに)こだわって、プリントアウトの書式も工夫して(ご自…

「黄色い紅薔薇」問題

絵を描く添削講師gotomiwaです。 いえ、それは嘘なんだけど(ごめんなさい)ときどき添削にイラストが混じることがあります。 「ここに書かれていることって、こういう状況ですか?」 という確認のために。 これも、わたしがたまに言う「黄色い紅薔薇」です…

(リングフィットアドベンチャーで)「挫折」を考察する

リングフィットアドベンチャー(以下RFA)、ときどき休みながら続けています。 70日目が近づいてきました。 あまり暑くならないうちに、最後のワールドまで行きたいんだけどな。 ワールド、いくつまであるんだろ? ←知らない… ちなみに「あまり運動していな…

ええっ、「ほのぼの童話館」!?

仕事の関係で童話賞を検索していたら「ほのぼの童話館」の名がヒットしたので、 「今でもやってるの?」 「復活したの?」 と、ほんの2秒くらい、軽くパニックになりました。 リンク先に行ってみたら、過去の情報だったのですが…… 2005年という(応募締切の…

天才による凡人のための短歌教室(木下龍也)

短歌を作りたい! といいながら(いえ、真似事で作っているのだけど)、 「短歌の作り方」 みたいな本を、あまり読んでいません。 気が散るんです。 読んでると、短歌が浮かんでくるからです。 (あー、メモメモッて感じで、スマホか筆記用具を探すことに) …

新人賞は採用試験、

デビュー作は「名刺」。 わたしはそんな気がしています……選考する立場になって以来。 えぇ、自身が応募者だったころ、そんなことは考えていなかったくせに。 新人賞って、出版する側から見れば「これから一緒に仕事をしていく人」をゲットする場でもあるんじ…

創作の「勉強」

昨夜のミーティングでその話題になって、創作のための「勉強」って何だろう、どうすればいいんだろうというのを、改めて考えています。 わたしが「物語を書けるようになった(質は問わない(^^ゞ)」のは、いつ、どうしてだろう? 小三のとき、童話を書く真似…

作者が楽しむ小説♪

空き時間に、ちょこちょこと書き継いでいます。 もう終盤なので……たぶん、あと数枚(原稿用紙換算)書いたら完成すると思う…… 実際に完成するまでは安心は禁物なんだけど、少なくとも今月の目標に取り組んでいることだけは自分を褒めちゃおう。 gotomiwa.hat…

誰にも送らない講評

こんにちは、gotomiwaです。 作品を読ませてくださり、ありがとうございました。 内容に触れる前に、添えてくださったお便りへのお返事を書きますね。 「佳作でした」ですか……。 がっかりするお気持ち、わかります。 トップ(大賞)との差は大きいですよね。…

書かないと見えない

講座の受講生さんにときどき、こんなことを言っています。 「いま脳内に見えている場面だけでいいので、言葉(文章)にしておいてください」 言葉にすることで、さらにイメージが広がったり濃くなったり、周辺(前後?)が見えてきたりすることがあるからで…

I'm not 校閲さん

作品添削の仕事をしていると、事実・現実をもとにした作品(記述)に出会うことがあります。 (わたしの通信講座には「実在の土地を舞台にしてください」という課題もあり、出会う率は高めです) 作品の内容に関わってくるなど、気になる記述は、正しいのか…

添削王に俺はなる!(←???)

10年くらい前、添削講師の仕事をはじめたころ、人には、 「売れない(ヒマな)作家のアルバイト」 という捉え方をされることがありました。 いわれたらズキッと来たけど、口に出してくれる人のほうが親切だったのかもしれません。 年月が経ち、添削講評の仕…

書く理由・選ぶ理由

わたしは「公募スクール」では初級的な連続講座を担当中なのですが、それと並行して単発の……というか、書きあがった作品を拝見し、添削講評する仕事もしています。 「公募スクール」だけではなく、別の講座等でも拝見しています。 5枚程度の幼年童話から、20…

1500単語を超えました!

久々にDropsの話。 これは、たくさんの言語を学習できるアプリです。 (わたしはエスペラントしか利用してないけど) 未だに毎日続けていて※、このたび「習った単語(とフレーズ)」が1500個を超えました。 ※ 掃除機かけながら、みたいな日もあり、決してま…

ミトコンドリアが跳ねまわる

これはわたしの性格(性質)由来の話なので、「人は」「作家は」「物書きは」という主語ではないことを先にお断りしておきます。 最近ちょっとした出会いがあって、「あ。」と気づいたのです。 わたし、自分の作品を(または自分が書いているジャンルやレー…

「小規模チームに最適」

いきなりヘンなタイトルですみません。 この文言、ご存じの方もあると思うのですが、zoomのサイトに行くと見つかります。 「プロ」プランを試そうと思って、ググり中なのです。 有料で使う、ということに妙な抵抗があって……「プロ」という語のせいかもしれな…

私的悪夢

その夢の前後は思い出せないけれど、そこは「教室」的な場所でした。 近くの席の「すてきな男子」が小さく折りたたんだ紙を、こっそり、わたしに差し出してきたのです。 夢の中のわたしは「携帯電話の番号だな」と思い、ドキドキしながら受け取りました。 そ…

「真実はいつもひとつ」だとしても、

昨日の今日の話。 自戒を込めて書いておきます。 夕食中に、不意に自分の言葉が浮かんできたのです。 午後遅くに、講評に書いた言葉です。 そこだけ太字になったみたいに、文面が浮かんできたの。 浮かんだ瞬間は、なぜなのかわからなかった……いえ、その瞬間…

なにゆえ250?

スマホがピロン♪と鳴ったので、何かな? と確認したら、stand・fmからの通知でした。 (画像をご参照ください) なぜ、250? 100とか200じゃなく? それらを見落としてたのかなって思ったけど、そうじゃないよね、250だもの。 首をかしげつつ、これだけの「い…

エンプティ文章

先週、作家友だちと話していたことと、講座の受講生さんにお話ししたこと(正確には講評に書いたこと)がシンクロしていたので、覚書的に。 文章が(文法的にも)正しく書けていることは、物語を読者に伝えるためには必要。 でも、正しければ伝わるわけじゃ…

zoomマンツーマン添削の(わたし的)問題点

映像で作品添削の状態を見ていただく、というのをやりたいと、ずっと前から考えていました。 (いや、たびたびいっていましたよね、facebookとかで) 一昨年くらいには、「この文章はこっちに持ってくるほうがいいんじゃない?」的な「動き」のわかる添削をy…

形式名詞

最近、添削の際に形式名詞のことを説明する機会が増えました。 いえ、これまでも、必要に応じて「この言葉は普通はひらがなで書くんだよー」的なことはお話をしていたのですが。 ネット上でお付き合いのある方の文章ではめったに「形式名詞が漢字で書いてあ…

【スタエフ連携】「名古屋ヴォイシーノベルズキャビネット」

今回はヴォイシーノベルズ的にスタエフと記事を連動させてみました。 ヴォイシーブログ? ちょっと違うか…… とにかく、以下のようなことをスタエフでお話ししています。 ・・・ こんにちは、後藤みわこです。 童話作家で、童話を書きたい方のお手伝いもして…